過去の投稿

さっぱりした山伏塚

先日の剪定作業が終わり、山伏塚のご神木も清々しいたたずまいを見せています。

夏休みに入った静かな土曜日の午後、椋と楠の巨木の枝の向こうに夏空が輝いていました。


木造校舎で学んだ同窓の皆さんにとって、校内で昔の姿をとどめているのは山伏塚だけではないでしょうか。

今後、百周年記念事業の一環として、塚の周辺を整備する計画です。