top of page

⚽優勝おめでとう❕



11月11日、前日の雨も上がり、絶好のサッカー日和の熊本市水前寺競技場で第102回全国高等学校サッカー選手権県大会決勝が行われました。


決勝の相手は古豪熊本商業高校です。前半は主導権を握った大津が、コーナーキックやロングスローで再三ゴールを狙います。相手も11人全員が体を張って守備に徹し、中々ゴールを割らせません。24分、右サイドからのクロスにダイレクトに合わせたシュートがゴール右に決まり大津先制。スタンドの応援も一気にヒートアップ。優位に立ったまま、ハーフタイムを迎えました。


後半、熊商はラインを上げセカンドボール争いが激化。10分、やや甘くなったクリアボールをつながれダイレクトボレーで失点。ミドルシュートがゴールポストに助けられるなどハラハラの場面も。延長戦かと思われたアディショナルタイム、ペナルティエリア右からのシュートが相手ディフェンスの手に当たりPK。これを碇主将が左隅に決めた直後、ゲームセットの笛。土壇場での劇的な勝利で20回目の全国切符を勝ち取り、スタンドは歓喜に包まれました。


11月20日の組み合わせ抽選後、初戦は大晦日の予定です。関東やんぼし会をはじめ、多くの同窓生の皆さん、悲願の全国制覇を目指し国立で会いましょう。


*写真は大津サッカー部OBで、いつも応援していただいている「かさのすけ」さんからの提供です。

コメント


bottom of page